事業紹介

電気設備工事ひとすじ。
どんな時にも、どんな事にも、「一生懸命」に。



私たち大昭電設が常に考えていること、それは「どんな時にも、どんな事にも、一生懸命に取り組む」ということです。
現場の仕事で言えば、安全に工事を遂行すること、誠実に対応すること。会社の経営でいえば、社員が安心して働ける、堅実な経営を展開することと言えるでしょう。
電気設備は建築物や施設の必需品で、もはや社会に欠かせない存在。しかも「100%安全・安心」でなければならない分野です。社長以下、社員全員が自分の持ち場で、取り組むべき「当たり前のこと」をきちんと実行している会社。だからこそ、確かな足取りで、一歩一歩、成長を続けているのです。



大昭電設の信頼を示すものとして、東芝プラントシステム株式会社様との長い取引関係があります。東芝プラントシステム様は東芝グループの一部上場企業で、誰もが認めるトータルエンジニアリングでの世界の第一人者です。当社社長の中原は、長らく東芝プラントシステム協力会社の「安全衛生協力会」会長を務め、安全で確実な工事に関しては定評のあるところ。
会社としても、個々の社員としても、東芝プラントシステム様から安全に関する表彰を数多くいただいています。「信頼」が何事にも勝る会社の基盤となっているわけです。